スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西岡議長が死去、民主党に良心はなくなった!

2011.11.05

西岡参院議長が死去
 
西岡武夫参院議長が5日午前2時24分、肺炎のため都内の病院で死去した。75歳だった。葬儀・告別式は未定。

 西岡氏は20日召集の臨時国会の本会議をこれまで全て欠席。10月28日には、参院事務局を通じて、臨時国会の本会議を来月半ばまで欠席すると発表していた。

 その際、西岡氏は「帯状疱疹(ほうしん)と口内炎がいまだ十分に回復せず発声が聞き取りづらい状態であり、議事進行などに迷惑をかけることにもなりかねないため」と説明していた。(産経新聞 11月5日)

つい最近まで議長として活躍されていたのに、突然の訃報に驚きを隠せない。
もしかしたら、西岡氏は自分の寿命を理解していたのかもしれない。
民主党の売国政治家たち、例えばカンや鳩山が軽々しく「生命を賭して」などと言うが、こいつらが本気でそんなことを考えていないことはガキでもわかる。
西岡氏こそ、本当に「生命を賭して」民主政権を憂いて、カン内閣と闘ってきたということではないだろうか?
本当に惜しい方を亡くした。
それにしても、中川昭一先生といい、しっかりとした志がある政治家ばかり逝去してしまうのは何故か?
西岡氏が何かの組織に消された可能性はないのだろうか?

生き残るのは醜く汚い人間ばかりだ。
西岡氏はTPPにはどういう考えを持っていただろうか?
是非とも聞いてみたかったという気がしてならない。
きっと野田(野豚)を厳しく叱責されたことだろう。


民主党の売国奴共は、西岡氏がされてきた政権批判を重く受け止めるべきだが、人間のクズがそんなことをするわけないか。
むしろ、うるさい人間がいなくなって売国政策やりたい放題になると喜んでいるだろう。
民主党にはもはや良心は存在しない。
西岡議長の死が国民の民主離れを更に推し進めてくれることを期待しよう!



逕サ蜒・-11+003_convert_20111105104950
今までお疲れ様でした。謹んで西岡氏のご冥福をお祈りします。

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。