スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤村官房長官「二分するほどの話か」、蓮舫「(民主党だから売国するのは)自然なことだ」!

2011.11.11

藤村官房長官「二分するほどの話か」 慎重派の反発も
 
藤村修官房長官は11日午前の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)をめぐる民主党内の意見対立に関し「個人的には二分するほどの話かなと思う。いよいよ協定調印の時には二分する話になる」と述べた。交渉参加の段階との考えを強調した発言だが、慎重派の反発を招く可能性もある。

 政府の情報開示については「不十分だった」と認め、「交渉参加国からの間接情報だったので、情報自体が少ない」と釈明した。(産経新聞  11月11日)

「自然なことだ」蓮舫氏、野田首相を評価 亀裂を懸念する閣僚も  

野田佳彦首相が民主党内の慎重論に配慮して環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の表明を見送ったことに対し、閣僚からは11日、党内の亀裂拡大を懸念する声や首相の判断を支持する意見が相次いだ。

 鹿野道彦農相は党内の意見対立について「もちろん懸念している」と強調。「慎重判断」を政府に求めた民主党プロジェクトチーム(PT)の提言に関し「どう受け止めていくかは内閣にとって大変大事なことだ」と尊重を求めた。

 蓮舫行政刷新担当相は首相の表明延期について「さまざまな意見を受け止めて熟考する時間をとるのは自然なことだ」と評価。一川保夫防衛相も「党内全体に対する気配り」とした。

 一川氏は「国際交渉で一番致命的なのは国論の二分だ」とも述べ、賛否が割れた国内状況が、交渉経過に悪影響を与える可能性を指摘した。(産経新聞 11月11日)

TPP推進派という奴らが、どのくらい国益を軽く考えているかがよくわかる。
藤村は、TPP参加で日本の多くの産業が壊滅され、国民の食の安全も確保できなくなること等が予想されるが、そんなことはどうでもいいと言っている。
そんなことよりも民主党政権を延命させていくことの方がよっぽど重要だと言いたいのだろう。

レンポウも、党内反対派への気配りを優先して、国民への説明が一切ないこと自然なことなどとふざけたことを言っている。
民主党議員にとって売国することは自然なことなのだろう。

素人丸出しの一川というバカも、参加することで国益を損なうことより、民主党が分裂することを重大なことと考えている。
こんな奴らが、何も考えないで、何の責任も持たずに日本をオバマに差し出すのを黙ってみているしかないのだろうか?






6984b880.jpg
こんなバカ女がいつまで大臣に収まっているのか?

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。