スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「尖閣諸島購入計画」を批判する新聞へ

2012.04.19

4月19日 都の「尖閣諸島購入計画」を批判する新聞へ

[産経抄]
 東京都の石原慎太郎知事がワシントンで明らかにした「尖閣諸島購入計画」について、案の定、朝日新聞が社説で批判している。「日本人が上陸しただけで反発してくる中国のことだ。問題はいっそうこじれるだろう」。果たしてそうか。

 ▼中国や台湾が、尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは、1960年代後半からだ。沖縄県に編入されてから70年以上もたっていた。付近の海底で、石油資源が埋蔵している可能性が高まったからだ。

 ▼一昨年9月、中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件は、多くの日本人に尖閣問題の深刻さを教えてくれた。実はそれ以前から、大量の中国漁船が日本の領海をわが物顔で徘徊(はいかい)してきた。今年に入ってからは、漁業監視船の侵入も頻繁になっている。

 ▼エスカレートする中国の挑発行為に対して、いまだ自衛隊の常駐が実現していない。それどころか、日本人の上陸を許さず、無人島のまま放置してきた。自民党政権時代から続いてきた事なかれ主義こそ、問題をこじらせてきた元凶だ。

 ▼所有者には、中国側から数百億円の買収話があったとの報道もある。一刻も早く公有化して、実効統治を強めなければ中国の思うつぼだ。きのう「あらゆる検討をしたい」と語った野田佳彦首相は、石原氏と危機感をどこまで共有しているのか。

 ▼東京新聞は、「都民の税金は暮らしのために使ってほしい」と主張する。ならば猪瀬直樹副知事がいうように、寄付を募ればいい。前の晩に岩手、宮城、福島3県の郷土料理と地酒を堪能した「復興支援酒場」が参考になる。利益をすべて、被災地に寄付するというのだ。「尖閣買い入れ支援酒場」が開店すれば、大入りは間違いない。
(産経新聞 4月19日)

支那の犬、アサヒ新聞は、早速わかり易くどうすれば国益を損なうかを説明するような記事を書いた。
いくつかのブログでその記事を読んだが、石原さんを批判したいだけの中身など全くない駄記事だった。

日本が主権国家として当たり前のことをしようとすると、必ず大声で反対し、邪魔をする。
支那、朝鮮臭いマスゴミは、日本の国益より支那、朝鮮の顔色の方がはるかに大事だということだろう。
こんなものの存在意義はあるだろうか?
こんなもの無くなってしまっても、日本国民は誰も困らないのだが。


そもそも国民のほとんどが支持する政策に言いがかりをつける権利がマスゴミになどあるのだろうか?
尖閣諸島購入計画に賛成するかどうかは、東京都民に託されているのだから、関係のないゴミ共は黙っていろ!

産経の記事は、東京新聞も批判している。

「都民の税金は暮らしのために使ってほしい」

 はっ?

これは、麻生内閣のときの定額給付金を批判していた奴らの物言いによく似ている。
一般人を装った工作員がテレビのインタビューに答えて、「選挙を意識したばら撒きはやめてほしい」
「税金は社会保障とかに使ってほしい」と言っていたものだ。

これ以上の税金の有効活用はないだろう。
こいつらに渡っている官房機密費の方がよっぽど無駄である。


私は紛れもない都民だが、猪瀬副知事が言うように寄付を募るのであれば、諸手を挙げて賛成し、協力する。
そして「尖閣買い入れ支援酒場」が開店すれば、間違いなく足繁く通うだろう。
愛国者が集まる酒場なんて、考えただけで素晴らしいではないか!

マスゴミによるバッシングは予想通りだろう。
こうしたクズのような記事が湧いてくるのは、この政策が支那と反日マスゴミにとって、弱ったものであるという証左と言えるかもしれない。
都議会の賛成を取り付けることができるかに一抹の不安を覚えなくもないが、そのために世論を高めていく
必要があるのは言うまでもない。
拡散していきたいものである。


lcl12041809000002-p1.jpg


人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

石原都知事の英断に民主党が見苦しい言い訳、信頼されてないから元々無理だったのに!

2012.04.18

玄葉外相、石原都知事批判に反論「何もやっていないということは全くない」

玄葉光一郎外相
 玄葉光一郎外相は17日の記者会見で、東京都の石原慎太郎知事が米ワシントンでの講演で、都が沖縄県の尖閣諸島を購入する計画を明らかにしたことに関して「(石原氏が)何をどう語ったのか詳細を把握していない」と述べた。その上で「尖閣諸島はわが国固有の領土であり、歴史的にも国際法上も疑いのない事実だ。現にわが国は有効に支配している」と強調した。

 また、石原氏が尖閣諸島問題をめぐる外務省の対応を批判したことには「何もやっていないということは全くない」と反論した。(産経新聞 4月17日)

民主党政権に不安覚え売却決意
2012.4.17 22:58
 尖閣諸島購入構想は昨年9月以降、水面下で石原慎太郎知事と地権者の男性(69)との間で進められてきた。男性は島を誰もが訪れることができる自然公園などとして活用することを希望しているという。両者を仲介した自民党の山東昭子参院議員(69)が明らかにした。

 登記簿などによると、男性は埼玉県在住で、昭和45年から不動産賃貸・管理などの会社を経営している。

 山東議員によると、男性は平成22年9月の中国漁船衝突事件で、民主党政権の対応に不満や不安を覚えたという。男性は「国を守るために所有し続けてきたが、個人で守っていくのは限界がある」とし、青年会議所の活動を通じて30年来の親交があった山東議員に今後の対応を相談した。

 男性は山東議員の紹介で石原知事と面会。昨年9月から数回にわたり3人で会合を持ったという。

 当初は国民運動として募金を集める案もあったが、最終的に都が購入する案が浮上。山東議員によると、男性は石原知事の渡米直前に「石原さんにならば(売却してもよい)」などと最終的な意思を固めたという。現地は豊かな漁場が広がり、手つかずの自然が残る。男性は“自然遺産”としての活用や、前所有者の像の島内建立などを希望しているという。

 山東議員は「今後、具体的な活用方法など売買に向けた取り決めや、沖縄県や石垣市との調整など、細部を詰めていくことになる」と話している。(産経新聞 4月17日)

昨年末に生活環境が激変し、ブログ更新が出来なくなった。
最近、少し環境に慣れ、細々とでもいいから復活したいと考えてきたが、同時に実はどうでもいい拘りに囚われていた。
復帰するときには、それに相応しい記事で復帰したいというものだ。

そんな時に一昨日の報道を目にした。
私は、正にこの記事こそ復帰第一弾に値すると思い、再開を決意した。

久しぶりの記事なので、以前にも増して稚拙な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。

石原都知事の英断に久しぶりに魂が震えた。
日本人としてこの快挙を称えないわけにはいかないと思った。
ワシントンで突如、発表し、売国民主党と支那畜生の度肝を抜いたのは、痛快この上ない。
そしてこの玄葉とか言う恥ずかしい人間の実に恥ずかしい弁明である。
「何もしてないわけじゃない」なら何をしたか言えよ!
言えるはずがない。
そう、こいつらは何もしてないわけではない。
むしろ、支那の為になることを散々してきたのだ。

それは、地権者の男性の言葉が証明している。
男性は平成22年9月の中国漁船衝突事件で、民主党政権の対応に不満や不安を覚えたと言っている。
当然だ。
当時のカン内閣、特に仙谷がやったことは、到底日本の政治家の行為とは思えないものだった。
純粋な日本人であれば、不満や不安を感じて当たり前だ。

私はこの地権者の方も日本を愛する方だったのではないかと思う。
石原さんなら信頼できるから売却を考えたということからも推測できる。
大切な国土をしっかりと守っていってほしいという願いがこめられているのではないだろうか。

民主党はとりあえず適当な言い訳をしたが、こいつらは信頼されていないから購入など、最初から無理だったことがわかる。
政府がこれだけ信頼されないということは、やはり普通に考えて由々しき事実であるのは間違いない。
しかし、その事実を内外に晒したことは大いに意味があったと思う。

情報弱者ももしかしたら、この事実で覚醒するかもしれない。
そして、民主党がどれだけ国際的に恥を晒そうが、我々はこんな朝鮮臭い政党を選んではいないし、国民が、恥ずかしがることではない。

現在私は、都下に引っ込んだが、一応都民ではある。
石原都知事の英断を全力で支持していきたい。

20120418062113e43.jpg
思いっきり、売国政権に吠え面かかせてくれ!これからも日本のために頼む!



人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

菅前首相、TV生番組に出演、相変わらず卑怯極まりない人間だ!

2011.12.07

NquHj.jpg
菅前首相、TV生番組に出演「今後は自然エネ普及に尽力」

 菅直人前首相は7日午前のTBS番組に出演し、今後取り組みたい課題として、東京電力福島第1原子力発電所事故を教訓に「自然エネルギーや省エネルギーの普及に最大の力を入れたい」と述べた。首相退陣後、テレビ地上波の生番組に出演するのは初めて。

 菅氏は、政府が緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を活用しなかった問題について「経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長(当時)から『SPEEDI』という言葉を(事故当初に)聞いたことを思い出せない」と語った。

 その上で「放出された放射性物質はどこにたまりやすいか。早い段階で的確に判断して逃げる範囲を決められなかったのは最終的に私の責任で、申し訳ないと思っている」と陳謝した。(産経新聞 12月7日)



久々にこのバカがメディアに登場したが、こいつは、もうすっかり時効になったとでも勘違いしているようだ。
これは一体誰に謝っているのか?
TBSに?
マスゴミに?
少なくとも、今更こんな軽い謝罪なんて、どう考えても被災地の方々に対してではないのは明らかだ。
「最終的に私の責任で、申し訳ないと思っている」なら今すぐ自決して、侘びろ、償え!

もはや批判を受けない時期と判断してノコノコ出てきて、ふざけた釈明をする卑怯者とっととくたばるべきだ!




人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

中国で東南アジアの女性誘拐増加、アグネスは完全にスルー!

2011.12.04

東南アジアの女性誘拐増加…中国の農村で売買
 
3日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国公安省当局者はこのほど、同紙の取材に対し、ベトナム、ミャンマー、ラオスを中心とした東南アジア各国で女性をだまして誘拐し、中国の農村などで「花嫁」として売買する事件が増えていることを明らかにした。

 当局者は保護された女性の全体的な数は明らかにしなかったが、中国の警察当局が7~9月に国境地帯で実施した集中取り締まりでは、南部の広西チワン族自治区で30件、雲南省で21件の事件を摘発し、ベトナムの女性計74人を保護した。

 女性は20~30代の農村出身者が多く「中国の大都市で金持ちと結婚できる」などとだまされて中国に連れてこられ、1人2万~5万元(約25万~61万円)程度で売買されている。風俗店で違法に働かされる例も多いという。(産経新聞 12月3日)

この産経の記事も何だかはっきりしないものだ。
犯罪者が支那人だということは、どこにも表記がされていない点が不自然に感じる。
支那の警察当局が発表しているのに、犯罪組織の国籍が記されないのでは、再犯の防止につながらないのではないのか?

そして考えるのも嫌なことだが、この女性たちは、売買された後に、風俗で働かされるだけなのだろうか?
臓器を取られたり、殺されたりしているのではないのだろうか?


こういう事実が伝えられても、どこかの“支那人の癖に、日本人であるかのように振る舞い、日本の児童ポルノ規制ばかり批判する偽善者”は何も言わない。
その偽善者にはアグネス・チャンという名前があるらしい。

こういう奴が自分の国のことを批判しない限り、どんな奇麗事を言ってもまともに受けてはいけない。
日本に帰化でもしたと思っている人もいるかもしれないが、こいつは依然として歴とした支那人なのだから。




d43d99d369fda8cbc7a1ab5ce9878315.jpg
他に考えること、オマエに出来ることがあるだろ!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ

山岡が明白な恐喝容疑、でも民主党だから辞任しなくていい!

2011.12.02

「山岡問題」の勉強会開催 秘書給与要求された市長夫人「恐怖を覚えた」 
マルチ商法(連鎖販売取引)業者との密接な関係が疑われている山岡賢次国家公安委員長の「政治とカネ」に関する勉強会が1日、国会内で開かれた。
山岡氏から選挙支援の見返りに、秘書給与を要求された
栃木県真岡市の福田武隼前市長夫妻が当時の実態を証言。自民党など野党各党の出席者からは「ひどすぎる。一川保夫防衛相と一緒に問責決議案の提出は当然だ」(自民党参院議員)との声が相次いだ。

 福田氏は、自らが出馬した平成13年の市長選の際、山岡氏から秘書給与として年600万円を要求されたことを記者会見で明らかにしている。

 福田氏の妻は勉強会で、山岡氏側から現金を要求された際、「恐怖を覚えた。払わないとは言えず、安くしてほしいというのが精いっぱいだった」と当時の心境を吐露。山岡氏側からマルチ業者の「やせ薬」を1万数千円で売りつけられたことも明かした。

 これに対し、山岡氏は国会で「全く事実無根」と否定している。(産経新聞 12月2日)

素朴な疑問を感じざるを得ない。
なぜこの山岡という通名を使っている朝鮮人ヤクザが、未だに大臣でいられるのだろうか?
先月、衆院予算委員会でこいつが、マルチ関連業者の集会でスピーチした“衝撃映像”を国会内で視聴し、騒然となっていたはずである。
しかし、こいつは、何のお咎めもなく、大臣の椅子にしがみついている。
自民党だったら、とっくに解散させられているだろう。

信じられない現象としか言いようがない。
例えるなら、サッカーの試合で故意に、相手選手だけでなく審判をもボコボコにして、人種差別発言をして、更にグラウンド内で小便をしておいてまだ試合に出ているようなものだ。
サッカーの主審の役目を果たすべきメディアが何もしていないということだ。

これだけデタラメなことをしていても、多くの国民はこの事実を知らないのかもしれない。
これが民主党の正体である。
これがマスゴミが主導して政権交代させた結果の政権与党の真の姿である。
国民はもっと怒っていいと思うのだが・・・



plc11111022510013-p1.jpg
ゆすりたかりするのは、やっぱり朝鮮人らしいよな、こいつ。顔も非常に醜いな!

人気ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。